早めに整理しないと梱包が間に合わない

とんでもない数のものが身の周りにある生活を日常としている方には、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのはものを整理して荷造りすることに尽きます。
どんなに周りが協力しても、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったら引っ越しそのものをあきらめたくなってしまいそうですが、良い機会ができたと思って処分に専念すれば一番楽なのは自分自身です。


新潟で新居を建てて、数年前に賃貸から転居しましたが、デスクトップパソコンを無事移動するために、全力を尽くしました。
引っ越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。
運ぶときの衝撃でデータが壊れないように詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。
パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、中身に全く問題なく運ばれました。
外側も傷一つありませんでした。

この度、住宅ローンを組んで家を買うことにした訳ですが、購入の契約を結ぶ時に実印と印鑑証明がいることをその時に初めて教わりました。登録だけは、親が済ませておいてくれていました。

でも、違う市から転入することになる今回の場合は、新居のある新潟市の役所などに行って改めて登録しないといけません。

仕方がないのでバタバタと登録しに行って当時は結構うろたえました。荷物をまとめるのは引っ越しのメインとなる作業ですが、そこで緊張するのは割れ物の対応です。

新潟からの引っ越しを安くしたくて、複数社に値段を聞いてみました。

参考:引っ越し新潟